沿革History

2000年6月 元ボストン・コンサルティング・グループの日本法人代表取締役 堀紘一が、
日本の産業創造を目的とした戦略コンサルティングファームを設立

  • 実践的な事業創造のアプローチとして「ビジネスプロデュース」を提唱し、
    日本の大企業向けに新規事業創造を多数実現
2016年9月 省庁・自治体向けの産業デジタル化政策・少子高齢化対策等の政策立案プロジェクトにて、
産学官の有識者と共に、政策協創の検討会を設立

  • 株式会社ココンとの共同開発事業として、弊社の前身となる事業を設立
2018年6月 独立した中立的な産業創造×社会課題解決プラットフォーム事業として、
弊社代表が経営権を有して法人化
2018年10月 政策ラボ部門を部門化
2019年1月 プラットフォームに参加する法人・行政等と共に、
社会協創スキーム「ソーシャルプロデュースコンソーシアム」を設立
2019年8月 事業創造ラボ部門を部門化
2020年1月 家庭ラボ部門を部門化
2020年4月 東京都行政業務の指定研修機関の認定を取得
2020年6月 SDGsラボ部門を部門化
2020年8月 事業拡大に伴い、元親会社の株式会社ココンの事業を経営統合
2020年9月 Globalラボ部門を部門化
2020年11月 事業コンセプトである「ソーシャルプロデュース」の商標権を正式に取得
2021年1月 東京第2オフィス(家庭+まち創りオフィス)を開設
2021年4月 中部オフィス(地方創生オフィス)を開設
2021年6月 事業拡大に伴い、東京第1オフィス(産×学×官協創オフィス)を東京都文京区に移転
2022年4月 大阪府・福岡県・北海道の行政業務の指定研修機関の認定を取得。事業拠点を新設

お問い合わせContact

事業内容に関するお問い合わせや、その他質問がございましたら
お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせへ